スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

魔弾の王と戦姫(ヴァナディース) 3

oooo.jpg
あらすじ
テリトアールに陣を進めたティグルたち。そこに、ガヌロン公爵の配下、グレアスト侯爵が現れる。不躾な恭順命令を断るも、エレンへの執着を隠そうともしないグレアストに、ティグルは内心穏やかでない。間をおかずして、ティグル討伐の任を受けたナヴァール騎士団が出現し、事態は急変する。団長は、ブリューヌ最強の騎士ロラン。戦姫の技すら破る“不敗の剣”を前に、ティグル軍はかつてない危機に陥ってしまう。“光華の耀姫”ソフィーヤの助けで辛くも窮地を逃れるのだったが、エレンを庇った傷でティグルが倒れてしまい……!? 血風と光波が戦場を駆け抜ける刻、黒き魔弓は解き放たれる! 大人気美少女バトルファンタジー、心を射抜く第3弾!

感想
「ティグル爆発しろおおぉおおぉぉお!!!」
なんてこった、前巻までじゃ飽き足らず3巻でも桃色場面遭遇っ!
・・・くぅ、うらやましいぜ!

・・・と3巻連続で感想を書いています、魔弾の王と戦姫3巻!
今回は、ロラン率いる騎士団が登場!
ティグル達は叛逆者として国家からも敵対される(実際にはテナルディエ公爵の手引き)羽目に、
さらにロランの使う武器は不敗の剣、デュランダル、つまり史上最強の敵登場!
・・・てな感じでした~~~。
それと、この巻の表紙に出ているソフィーさん、なんて美しいんだ。

〇ティグルの女関係について
ティッタは相変わらずティグルに思いを寄せいているよう、エレンやソフィーに対して警戒って感じ
エレンは今回でまた距離が縮まったかな?嫉妬とかかなり出てきてますしね
リムは・・・う~ん、彼女の場合は好きというより、最初のころと比べて心をかなり開いている・・・という模様
ソフィーに関しては未知数、今後に期待
リュドミラはね~~~、これはないね。うん。
ほかの戦姫・・・分からん

・・・こんな感じでしょうか?
まだまだ可愛い戦う女の子たちは出てきそう。(というか出てきてもらわなくては)

↓真面目な方
自分は捕虜となったのにもかかわらず、敵国であるジスタード軍を招きいれる行為
確かにそれだけを見たらティグルはかなりの悪人に見える
でも実際には、アルサスを責めたテナルディエ公爵や、ガヌロン公爵とかのほうがかなり悪い

・・・まぁ、それらをどうにかしていくのだろうけどね

と、今回の話の肝はナヴァール騎士団との戦い
だがその前に、ガヌロン公爵との接触も少々あった模様

ティグルやエレンからすれば、出来るだけ兵力を減らしたくないからなのか、あまり激しい戦闘はありませんでしたが、土嚢を使った戦術など水を使った戦い方などが展開されました。
↑・・・というか、今巻は水をけっこう使っていました。

いや、でもね、ガヌロン公爵の残虐さが垣間見えたシーンとか?
・・・仮面に水を入れて、苦しませて殺す罰とかKOEEEEEE!!!

まぁ、結局ティグル達の銀の流星軍の勝利で幕を閉じるので、ガヌロン公爵は今後から活躍?しそう
(宴の席でよったエレン最高ううう!!!)

ガヌロン公爵との一線から数日
ついにナヴァール騎士団登場!

ロラン・・・強すぎます、エレンと互角・・・いや、それ以上の強さ
だが、エレンを助けに来たティグルのかっこよさはハンパねぇ
デュランダルに臆することなく弓で向かい、見事ロランのウマを殺す!・・・かっこよすぎだぜ
でも、ティグルは重傷を負うことに・・・
(逃げる時にソフィーの技がでていましたが、あれは防御に特化しているのだろうか?)

指揮官であるティグルが重症を負ったという事で、銀の流星軍はあっけなく惨敗
無名の戦士たちが800人も死亡(かわいそうに・・・)

ティグルが倒れてから次の日の朝
ナヴァール騎士団とのリベンジ戦がはじまる、
作戦は、ロランは戦姫2人がかりで、後はリムに任せて戦うという―――作戦です

だがその前、ティグルは起きてからすぐ、弓の示す場所へと移動していた
同行していたティッタに乗り移ったのは、ティル=ナ=ファという闇と死をつかさどる神
力を求めるならティッタを撃てというその声に従い、弓をうつティグル
しかし弓はティッタにあたる前にはじけ飛んで・・・

「桃色場面!?」

爆風によって飛んだティッタの服、もちろんその下は・・・fんjdふヴぁん:pf」ふぁび
くそっ!こんな時まで桃色場面があるなんて!油断ならない!

正直言えば、ここの場面はちょっと意味分からなかった・・・
まぁ、いずれ分かる事でしょうが

場面は変わり、エレンとソフィーがロランと戦っている場面へ
エレンは自分で考えていた規則を破ってまで竜技を放ったというのにロランにはまるで効かない!

だがそこでティグル登場!(主人公属性)
ティグルの持つ黒い弓&エレン&ソフィーの竜具でロランと一騎打ち!
その時のティグルの言葉

「俺はあなたに勝つ!俺の民を守るために!」

かっこいいいいいいいいいいいいいいい!!!
やべっ!これがティグルか!

だがロランもかなり強い!なんせそれを受け止めるくらいだからな。
でも、心に迷いがあったロランは―――

ナヴァール騎士団になんとか勝った銀の流星軍
次に向かうのはネメタクム、つまりテナルディエ公爵の領土
しかしあまりにも戦力が少ないのでどうしようかという時
ロランが王に謁見できるようにしよう、的な事を言い出す

あれ?ロランって滅茶苦茶イイ奴じゃね?

というわけで、結局王都へ向かったロラン―――

でも、ロランは死にました・・・ガヌロン公爵の罠、蜂牢によって・・・悲しすぎるだろ・・・

エピローグでは、エレンの親友―サーシャ―の領土にほかの戦姫が入ったとの情報が・・・
エレンは友との誓いを果たすため、ジスタークへ戻る事に―――

だが、最後の驚愕したのは

「ムオジネル軍二万、南東の国境を突破。ただちに援軍を請う」

「EEEEEEEE!!!」

・・・と感想終わりです!
最後、ついに本当の意味での侵略者が来ました、今後いったいどうなるのやら

と、次に読もうと思うのは
それがるうるの支配魔術Game1:ルールズ・ルール (角川スニーカー文庫)それがるうるの支配魔術Game1:ルールズ・ルール (角川スニーカー文庫)
(2011/03/31)
土屋 つかさ

商品詳細を見る
本日の衝動買いした作品・・・どんなのか楽しみです

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
↑クリックの方よろしくお願いします

魔弾の王と戦姫1巻感想はこちら
魔弾の王と戦姫2巻感想はこちら 関連するタグ ライトノベルおすすめハーレム

●魔弾の王と戦姫【ヴァナディース】 2巻 感想●

pppp
あらすじ
テナルディエの軍勢を退け、つかのまの平穏を得たティグルたち。避けられなくなった戦いに向け、ティグルは仲間になってくれる貴族を探して動き出す。一方、国王への説明のためジスタート王都に赴いたエレンは、七戦姫の一柱にして腐れ縁の天敵、“凍漣の雪姫”リュドミラと遭遇する。険悪な応酬のはて、その場は別れる二人だったが、ティグルに興味を持ったリュドミラがライトメリッツを訪れ、状況は一変する。「ジスタートが誇る戦姫の一人。『破邪の穿角』が主、リュドミラ=ルリエよ」「帰れ」しかも、彼女はテナルディエと交友関係があるらしく…!?戦姫対戦姫、人智を超えた戦いが今幕をあける!話題沸騰の美少女バトルファンタジー、待望の第2弾。

感想
「危険すぎるっ!!!」
またしても1ページ目から危険なイラストが・・・、いや、まあ、嬉しいけどね
これから先もこのままであることを願います・・・。

・・・と予告どおり書きました、魔弾の王と戦姫2巻感想。
ちなみに、表紙のリュドミラが僕的には一番好きなキャラです。

前巻で、テナルディエの軍隊を見事退けたティグル達
しかし、テナルディエ公爵とガヌロン公爵の軍隊は依然として強力という事で、2巻では仲間になってくれる貴族を探す事もメインとなっていました。

とまぁ、とりあえず、ティグル達は、仲間になってくれそうなオージェ子爵に会いに行く事に――――場面変更

ジスタード王国の王都シレジアに、エレンはアルサスの土地の事や、テナルディエとの戦いの事を国王に報告しに来ていた・・・
まぁ、ここでの話を聞くに王様は戦姫の事を相当嫌っているっぽいね
というかそんなことよりも、

「エレンのドレス姿最高!!!」

・・・の方が勝っていたね。
それと、そこで新たに2人の戦姫が登場!
名前は、ソフィーヤとリュドミラ、
ソフィーヤのほうは、一見物腰やわらかそうだけど、けっこう怖いイメージがエレンとリュドミラにはある様子で、
リュドミラは生粋の戦姫らしく、ぽっとでのエレンのことを相当嫌っている、あとは、テナルディエ公爵との付き合いがあるため、テナルディエ軍を倒したエレン=敵となっている模様・・・

オージェ子爵に話をするため照りとアールの国へと来たティグル一同
オージェ子爵の屋敷で話をしていたが、オージェ子爵の領地に盗賊が出ているとのことで、協力を仰ぐために盗賊を倒す事に

まぁ、ここメインじゃないんで割愛させていただきます(めんどくさいからじゃないよ

エレンにキキモーラの館へこいといわれたので、キキモーラの館へ向かうティグル
それと同時にリュドミラなぜかキキモーラの館へ―――

ここのシーンを見るあたり、やっぱりエレンとリュドミラは仲が悪いよう・・・見てるこっちは最高!て感じなんだけどね~~~。
リュドミラの入浴シーンも拝めたし
ってかやっぱりティグルはおかしい!桃色場面遭遇率が高い!とりあえず爆発しろ!
しかもその後、毒蛇にかまれたリムの胸を、毒を抜くからといってオパーイを完全にすってましたからね。

・・・もうだめだ、僕耐えられないよ・・・ああああああああああああああ!!!

はあ、はあ、↓感想続き
リムは何とか無事だったものの、なんやかんやで、リュドミラとエレンによる戦姫同士の戦いが始まろうとしていた
戦姫には戦姫をという、なんか目には目を見たいな原理で戦うことになったエレンとリュドミラ

・・・戦姫同士の戦いは激しい!竜技のぶつかりあいとかマジぱねェ

だけど、そこで毒塗りの矢を持った暗殺者が一人エレンを狙おうとする!

「リュドミラかっこいい!!!」

まさか!敵であるエレンを助けようと暗殺者の前に立ちはだかるなんて!
リュドミラいいやつすぎんだろ・・・

けどやっぱり、その暗殺者を倒したのはティグル、主人公属性バリバリですね!

結局戦いはうやむやのうちに終わってしまったけど、リュドミラは中立の立場をとるようだし、一件落着って感じかもね。

・・・と感想はここまでです。ストーリーに添った書き方はしんどいので、次の感想から感想形式変わるかもですけどよろしくお願いします。
次に読もうと思うのは
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 3 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 3 (MF文庫J)
(2011/12/21)
川口士

商品詳細を見る
↑3巻メッチャ気になる
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
↑クリックの方よろしくお願いします

魔弾の王と戦姫1巻感想はこちら
魔弾の王と戦姫3巻感想はこちら 関連するタグ ライトノベルおすすめ

●魔弾の王と戦姫【ヴァナディース】 1巻 感想●

wwwww.jpg
あらすじ
竜より与えられし超常の武具を振るい、戦場を駆ける美しき少女たち―“戦姫”。王の下、7人の戦姫は7つの領地を治め、“ジスタートの七戦姫”として隣国に恐れられていた。ブリューヌ王国の小貴族の少年ティグルは、ある時かりだされた戦で、一人の戦姫と出会う。白銀の髪に紅の瞳、幻想的な美しさと他を圧する威容をあわせもつ少女、“銀閃の風姫”エレン。敵の総大将であるエレンを討ちとろうとするティグルだったが、彼女の人間離れした剣技の前に失敗してしまう。しかし、弓の腕に一目惚れしたというエレンに、「おまえはわたしの捕虜(もの)だ」と宣言されてしまい…!?痛快無比なる最強少美女ファンタジー、ここに開幕。

感想
「クールって最高うぅぅうぅうう!」
エレンYABEEEEEEEEEEE!!!
カッコいい!やっぱり戦う女の子は一味違うね。

・・・とおすすめ表では高ランクの魔弾の王と戦姫の1巻の感想です。
ちなみに↑の表紙に載っている女の子がエレン

まず、1ページ目・・・ムホホホホホ←変態
つーか、てぃくび水で隠れきってないじゃん!
セリフ「・・・そんなに見つめられると、さすがに恥ずかしくなってくるのだが」

・・・まて、裸を見られてそのセリフはないだろ。
まぁ、それが戦姫なのかもしれないが

―――閑話休題―――

この作品の世界観は、龍が存在する世界で、ジスタードとかブリューヌとかいう国々が戦争をしている時代の物語です(簡潔に言えば

主人公は、ブリューヌという国では珍しい弓使い(名前はティグル
エレンは、ジスタードという国にいる七戦姫の一人
・・・そんな二人が織り成すファンタジー、これがこの物語・・・のはず

↓ガチの感想
ブリューム王国では、隣の国(ジスタード)との戦争が行われていようとしていた、そこでティグルも出陣する事となる
しかし、この戦争自体はそんな大したことではなくて、王子の初陣で、国王が王子を溺愛していたがため、ティグルのような小貴族まで集められたらしい

「息子に溺愛て・・・娘ならまだしも」

敵は、ジスタードの七戦姫といわれるエレオノーラ=ヴィルターリア(エレン)が指揮官で、戦姫の強さは一騎当千といわれている。
しかし数的にも勝っているブリューヌの方が有利と思われるこの戦・・・まぁ、それが命取りになるのだけどね
ちなみに、主人公はいやな予感がしていたらしい。(主人公属性のひとつ

と、そこでエレン視点に変更!
数の少ない軍で勝つための作戦が実行されようとしていた
どんな作戦かというと、敵の後方まで回って、不意打ちをするというもの
シンプルでありながらもその効果は抜群!

・・・ブリューヌ軍残念。

だがティグルは死んでいなかった←そりゃそうだ
出てきた敵兵をいともなく弓で撃ち殺す(無名の戦士です
そして、戦争から離脱しようと歩みだすティグルだが、300メートル先にジスタード軍の兵を見つける(視力はかなりいい
だがその中には、戦姫の姿が!
好機と見たティグルは弓を構えて放つ、1発目は邪魔なところにいるウマの眉間を
そして敵が慌てているうちに2はつめを放つ!
あたるかと思われたその時、ウマが2メートルもとんだ!

「待てえええええ!!!」

物理的な原則を破りすぎだろ!・・・原因はのちほど
そのままティグルの元へと走ってくる戦姫!
すかさずもう一発を撃つが、なぜかはじかれる矢。
そしてTHE ENDと思われたその時、戦姫から聞こえたのは賞賛の言葉と

「おまえはいまから私の捕虜(もの)だ」

結局戦は
ジスタード軍の勝利で幕を閉じた、しかしそれだけならまだしも、ブリューヌ軍は王子を戦死させてしまうという最大の被害をこうむった←ここ重要

エレンの部屋へと案内されるティグル
彼女がティグルを捕虜にした理由は、身代金目当てではなく、部下に入れたいがためで、その条件として伯爵位を与えるという条件を提示する
弓が嫌われているブリューヌでは、まずありえないシチュエーション
しかし、ティグルはそれを断る
なぜならティグルには帰るべき場所と、守るべき場所があるから

「ティグルさんかっけえええ!!」

すげぇな、オレだったらイチコロだよ。

まあ、数日たって一度エレンと城下へ出る事に(お忍びで
そのときのエレンはマジ可愛かった~~~。
そのあと人形をもらったリムもだがwwwwww

・・・とここまではほのぼの?とした日常的な日々が・・・ここまでだけど

身代金の期限まであと2日の時、テナルディエ公爵がアルサスを焼き払おうとしているという情報が流れてくる
それを聞いたティグルは、今すぐにでも帰ろうとする・・・が捕虜である身である以上何も出来ない状態
しかし、そこでティグルは兵を貸してくれ、とエレンに頼む
条件はアルサス全土を渡す事で―――

ティッタは屋敷でティグルの帰りを待ちつづけていた
しかし、ザイアンがやってきてティグルを殺そうする
と、その時ティグルが登場!

・・・来ると思っていたさ!(主人公属性のひとつ)

テナルディエ軍は一時撤退して、騎士の力を最大限に生かせるモルザイム平原に軍を敷く
対するジスタード軍はエレンとティグルを中心として突撃する!
順調に敵を倒していくがそこで地竜が出現、圧倒的な力でジスタード軍を倒していく
しかし!
エレンの必殺技が炸裂しあっけなく死亡

地竜をなくしたザイアンは軍を撤退させる、
そしてティグルとの一騎打ちを提案しだす、ティグルはもちろん承諾
弓兵と騎士の一騎打ち、騎士の方が有利のような気もするが、やっぱりティグルは強かった
(詳細は本書で)

まけたザイアンは飛竜に乗って逃げようとする・・・がなんとそこで黒弓から声が!

『竜を撃ちなさい』

OK、ティグル&エレンのユニゾンで――穿ち、貫いた・・・

最後・・・はやっぱり本書で


・・・・・・・・・・・・と感想はここまでです、ここまで書いたの初めてじゃなかろうか?

と次に書こうと思う作品は
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉2 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉2 (MF文庫J)
(2011/08/24)
川口士

商品詳細を見る
↑表紙最高
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
↑クリックの方よろしくお願いします

魔弾の王と戦姫2巻感想はこちら
魔弾の王と戦姫3巻感想はこちら 関連するタグ ライトノベルおすすめ

つきツキ!5 感想

つきつき
あらすじ
「共に参りましょう――わたくしたちの失楽園へ!」そう言って現れたかおるん。聖の家から逃げ出してきたという彼女をかくまうため、オレたちはうちの別荘に向かうことにした。途中でかおるんの遊園地初体験を手伝ったりして束の間のデート気分を味わうオレたちだが、当然ながらルナやマキナや聖たちが追いかけてきて、水着での川遊びやお祭りに一緒に行くことになる。だが、かおるんは彼女たちに思うところがあるようで、時折寂しげな表情を浮かべ……。「南条様、エッチなツンデレに構わず、デートの続きをしましょう」「誰がエッチなツンデレよ!」学園ハートフルラブコメ第五弾! 違う道を歩いてきたふたり。けれど、心に秘めた想いはどこか同じで――。

感想
「かおるん・・・」(涙
来たっ今回はかおるん巻!
・・・いやぁ、前巻の最後の

「共に参りましょう――わたくしたちの失楽園へ!」

のせいで、どんだけ気になっていたことか
というわけで、今回も楽しく読ませていただきました。

まず、カラーページ・・・ダメだ!刺激が強すぎる(鼻血
しょ・・・触手プレイってマジやべぇ、眼福、眼福。
あと、マキナの一糸纏わぬ姿ガチ興奮!・・・水着も最高だった。

・・・・・・・・・とカラーページはここまでにして、本文の方へ・・・

前巻の続きだったので、かおるんと忍の会話から開始・・・
やはり変態メイドなかおるん、
失楽園へ参りましょう・・・て遊園地じゃんっ!?
メリーゴーランド、ジェットコースター、お化け屋敷etc.
メジャーな乗り物で、デートをするかおるんと忍、途中でルナやマキナ達が登場したけど、かおるんはお構いナッシング!
・・・まぁ、エルニだけはやっぱ独特のリズム?だったんだけどね。
途中にあった、マキナの挿絵・・・エロすぎる・・・。

その後、おじいちゃんの別荘へ移動。
あまりにも汚れすぎていたため、忍との相部屋を賭けてそうじバトルを開始!
なぜかメイド服に着替えた聖とマキナ、
二人ともエルニとかおるんにそそのかされたからって、メイド服で掃除とは・・・やるじゃん!(変態

・・・・・・と結局優勝したのは聖、
なので、忍との相部屋が気まったのだが、最下位だったマキナはかおるんとの相部屋に・・・
案の定、怖い話を聞かされたマキナは忍のベッドに侵入。
かおるん・・・やっぱりマキナにはドSだわ・・・でも、反省しているかおるんはいい奴です、うん。
結果マキナと仲良くなったので良かったのかな?

そして今度はお祭りへ・・・
ルナがチョコバナナを食べるシーンはエロスティックでした~~~。
花火の時にかおるんがいなくなるという事態発生!
かおるんは見つかったのですが、
その時のかおるんの両親の話は・・・(悲

そして、母親に会いに行くことにしたかおるんと忍
母親は記憶がなくなっていたのだけど、帰るときに宗吾(聖の父)に渡された手紙には真実が・・・(泣

かおるんって苦労してたんだなぁ~~~。

・・・そしてこのまますっきり終わるのかと思ったら・・・うん、そんな分けないよね

最後、本当の最後に出てきた南の放ったセリフ

「ねえ、悪魔ってどういうことなの?」

ついに悪魔を知らない人にバレる!

・・・というかそんな話をなぜ公共の場で話していたのだろうか、忍と聖は・・・。

・・・・・・・・・・・・と感想はここまでです。

次回は
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 (MF文庫J)
(2011/04/25)
川口 士

商品詳細を見る

↑友人に借りたものを優先的に・・・

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
↑クリックの方よろしくお願いします

・・・あと、友人のM君・・・感想どうだった? 関連するタグ

おれと一乃のゲーム同好会その5感想

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 その5 (MF文庫J)おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 その5 (MF文庫J)
(2011/07/22)
葉村哲

商品詳細を見る

あらすじ
夏休み明け、一乃のいない荒谷学園ゲーム同好会。生まれながらの異能『煉獄』、つまりフェルを失った森塚一乃は学校を休んでいた。事情を知らない宗司とキリカだが、キリカが一乃の家を訪れることになる。そこでキリカが見たものは……。その他、ブルマの妖精さんと柔軟体操とか、宗司と一乃のデート再びとか、まさかの女子会開催とか宗司のコスプレ(誰得)とか文化祭とか。一乃の異能、完全喪失!?「私はもう、ただの非力な女の子よ」――かつて宗司と交わされた「契約」はどうなってしまうのか? 葉村哲が贈る新感覚ラブコメディ(でおK)、全然自重する気配のない第五弾!

感想
「わあい、ブルマの妖精さんだあ!」
ブルマブルマブルマブルマブルマ……………とついに来ました一乃さん第5巻!
前回のひきのせいでかなり気になっていました~。
生まれながらの異能『煉獄』、これを無くした一乃はどうなるのだろうかと読んだ5巻…だめだ、全く変わってな―――い!
部室でブルマとかどんなシュチュだよ!

ところで今回は一乃巻となっております。
ブルマになったり、妄想したり、宗司にコスプレさせたり………うん、いつもと変わらないね。
でも、キリカにいった言葉「私を助けて」
この言葉には『煉獄』を無くした一乃の迷いを感じさせるZE。

……………と、このラノベには珍しいシリアスな場面もあったりします。

でも、やっぱりこのラノベは暴走系だね!
宗司とフェルの同居?
(うらやまけしからんっつつつ!!!)
学園祭
(ツンデレサイコーーーー!!!)
暗黒人生ゲーム
(ハーレム値ってなんていうルールだ…orz)

このあたりは1,2,3,4,5巻とも変わりませんね。

でもおおおおおお、やっぱりいいいいいい、最後はああああああああ、シリアスううううううう、な展開に・・・。

一乃のもとへやってきたフェル、そして、一乃の中へ消えていった。

『ねええ、そうじは―――だよね』
『そうだよ、フェル』

異能は無意味だ。
この世界に悪の大魔王はいない。
この世界に異世界からの侵略者はいない。
この世界に千年前から世界の裏に潜んでいた謎の組織はいない。

この世界に足りないものはなになのか

それを理解してしまう一乃―――そう、森塚一乃、十六歳。恋をした相手は、彼女の『敵』だった。

「えええええええええええええ!!!!!!!!!」

……………と感想はここまでです。
(なんていう引きなんだ!セコい!)

ちなみにこの作品に掛かった時間は1時間46分でした。

みなさんへの質問
・ブルマか、スパッツ、どっち派ですか?それともブルッツですか?

ちなみに僕はスパッツです!


次に書こうと思うのは、
RPG W(・∀・)RLD9  ‐ろーぷれ・わーるど‐ (富士見ファンタジア文庫)RPG W(・∀・)RLD9 ‐ろーぷれ・わーるど‐ (富士見ファンタジア文庫)
(2011/07/20)
吉村 夜

商品詳細を見る

です。 関連するタグ
プロフィール
icon01.png                                      はじめましてなななのはと申します。                                     ライトノベルを読み始めてまだ1年も経っていないひよッ子です。好きなラノベの系統は、ラブコメ×バトルです。あと、真面目系のラノベも大好きです。あと、こちらのブログはリンクフリーとなっております、ご慈悲のある方――是非リンクを貼ってください。(よろしくお願いします)リンクを貼ってくださった方、コメントにその旨を書いていただいたらこちらでもリンクを貼らせて頂きます。「http://kotanisatoru.blog.fc2.com/」です。あと、同趣味の方、コメントの方も宜しくお願いします。                                       
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村                    ↑ご慈悲のある方、暇な方、押してやってもいいぜという方、是非クリックしてください。本当に宜しくお願いします。
いってみて!!
とうほうぺぇじ
記事一覧
地震速報
お天気キャスター射命丸文
ヨスガ時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オタク(自称)のブログ
はじめまして
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
拍手
コメよろしく
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
てぃんくる
アイマス応援バナ―
THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER                                  アイマスはやっぱり最高!
俺妹応援バナ―
俺の妹がこんなに可愛いわけがない
探偵オペラミルキィーホームズ応援バナ-
探偵オペラ ミルキィホームズ
真剣で私に恋しなさい!応援バナー
TVアニメ「真剣で私に恋しなさい!!」公式サイト
はがない応援バナ-
魔法少女まどか☆マギカ応援バナ-
TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト
この中に一人妹がいる!応援バナ―
この中に1人、妹がいる! 公式サイト
東方応援バナ―
ブラックロックシューター応援バナー
ghghghghghghghgh.jpg
ティンクル☆くるせいだーす応援バナー
ティンクル☆くるせいだーすPSS
東方朧画録
イラスト
あわせて読みたい
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。