スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

これはゾンビですか?9 はい、祝(呪)いに来ました

ghjikisimi.jpg
あらすじ
「ぱぱぱぱーん。ぱぱぱぱーん」という音楽と共に入場する二人。勘の良い方はお気づきだろう。俺、相川歩は…「ただいまより、相川家、○○家の結婚披露宴を執り行います!」披露宴会場にいた。なぜ結婚披露宴をしているのかって?それは『そこに嫁がいるから』、ってえええ嘘だろーっ!?俺と嫁との馴れ初めを語る司会者。そうだそうだ、寿司を取り合ったり、ツンデレ喫茶に行ったり、フェステヴォー開催したりと色々あったなぁ。なーんて回想してたら、大先生と俺を殺した京子が会場にやって来た。そこで俺は、ハルナを守るために死ぬよりも辛い未来が待ち受けている“呪い”を掛けられることに―。

感想
「京子!?」
・・・おいおい、表紙からこれかよ、確か前巻で何百年も捕まる羽目になったはずじゃ・・・
と、これゾンを知っている人なら分かると思いますが、1巻で歩を殺した張本人の登場です

8巻で「フラグ立ったんじゃ・・・」的な感じに思わせていたので、けっこう期待していたのですが、今巻を見る限りそれはなさそう
まぁ、こいつの腹黒さは分かっているので、すきなキャラランキングで上位に来ることはありませんがね

今巻は短編集みたい、それと結婚披露宴にあわせて本編も進む・・・というちょっと特殊な形態なのですが、とりあえず1話毎の感想を

〇「人生のラグナロク」
なんか、歩の日常生活から始まる
これを見る限り

「リア充爆発しろっ!」

的なセリフしか思いつきません

そしてなんか突然
「ぱぱぱぱーん。ぱぱぱぱーん」という音楽と共に入場する二人。勘の良い方はお気づきだろう。「ただいまより、相川家、○○家の結婚披露宴を執り行います!」

意味が分からん
というわけで、今回も暴走しそうです

〇「へい、寿司食いねえ」
まんまです、お寿司を食べる話

正確に言えば、歩がサラスといっしょに寿司を食いに行ったことが相当気に食わない織戸による、歩をはめる話

しかも、みんなまで協力、多分嫉妬だと思うけどさ
これといって書けるところがないのがつらい、印象に残ったユーの言葉はあるんだけどね

『罠を看破しても 裏をかいても 保険を掛けても それでも尚 届かないモノ 勝てないモノが この世には存在する』
「それは―――?」
『運命』

まぁ、そうだよね。
しかも今回、ユーが嫉妬すると、歩に不幸が訪れるという新事実が発覚する
・・・今回の運命は、ユーの嫉妬が原因なのかな?

〇「踊るアホウの憂鬱」
サラスのライブでのバックダンサーを、友紀やハルナ、セラにユーが食中毒で倒れた人たちの代わりにする・・・という話
いやいや、吸血忍者が食中毒て・・・どんだけ強いんだ、その毒

それはおいといて、バックダンサーをすることになった友紀だが問題が
それは、あまりにダンスが下手だということ
運動神経はいいのにね、なんでかどじょうすくいをしてしまうという問題が・・・回転もできないし

でも、ハルナによるレッスンで何とかモノにはなる

本番では、回転までできたのに、成功して頭が真っ白になったのか、どじょうすくいを決行
・・・どんだけどじょうすくいしたいんだ・・・

しかも、ハルナは暴走するし、セラは観客(織戸なのでおk)を踏みつけるし、ユーに至ってはカスタネット・・・正直冷静に見たら最低です

でも、みんな主役になれたからいいじゃんっ!
見たいなのりで、ハッピーエンド

ちゃんとサラスのお墨付きです

「ああ、そうだな。最低な出来だったが、最高のライブになったと思ってるよ」

まぁ、これがこの人たちの生き様なのだろう

〇「優しさの成分が一番効くんです」
『みかんの白い部分は 敵』 byユー
ん?あぁ、そうだな、僕もそこは嫌いです
・・・そんな意味じゃなかったけど

この話は、ユーがなぞの病にかかってしまう話、しかも冥界人特有の
だから、アンダーソン君に聞くんだけど(病気について)

アンダーソンいわく、一日寝れば治る、それを聞いて安心する一同(僕も含めて)
だけど、1日たっても、ユーの病気が治らない(オロオロ

するとアンダーソン君が歩宅へ登場!
ユーの症状を見たところ

「この症状は――みかんの食い過ぎだ」

ああ、そりゃよかってええええええええええええええ!!!!!!!
意味がわからん!みかんの食いすぎて!
なーんだそんなことか、と思ったのもつかの間、それを治す方法こそが驚愕だった・・・

・お茶を回しながら飲む
・昆布を頭に乗せてY字バランス~~~~~~etc

いやいや、方法おかしすぎるでしょ!
・・・でも、治っちゃうんだな~~~これが(驚愕!

まぁ、治ったからいいけど、ユーのセリフの敵は本当の意味での敵だったようだ

〇「帰れ!ご主人様!」
「!!!!!」byオレ
なぜ・・・なぜ織戸が三原と仲良く並んでいるんだああぁぁああぁあぁぁああ!!!
この世の終わりかっ!

・・・と今回の話はツンデレ喫茶のお話(関係ねぇ!

ダメだね、こりゃ
いや、僕実際ツンデレ喫茶なるものに入ったことはないんですが(友人はある)
怖い・・・特に挿絵のセラが・・・ブルブルブル

まぁ、ツンデレ好きにはたまらんのだろうが

と、ツンデレ喫茶の話はおいといて・・・問題は、

↑の織戸が三原と並んでいること、ちなみにこれは結婚披露宴のほうでの話
実は三原は織戸のことが好き!・・・という設定がっ!・・・ぐはっ!

・・・しかし、その織戸の謎の設定はセラによって粉々に粉砕されるのだけどね

〇「撃ちぬけ!ヌルヌルを越えて」
この話・・・8巻の特典付きDVDにちょっと似ているところがあると僕的には思うのですが・・・すいません、気にしないでください

セラとユーとの『一日にゃんにゃん券』を獲得するため、戦う男たちの話

僕は思いました

「エロパワー最強!」

あぁ、この世の男たちの大半はみんなエロパワーで動いているのだろう
エロパワーさえあればどんなことも乗り越えれる!
織戸がゆういつセラに勝ったことのあるレジェンドな話です

―――――――――――――――――――――――――――

結婚式披露宴が順調に進んでいく中、1人出て行く京子
怪しいと思った歩がトイレ前で待機していたところ、アリエル先生も登場
そこで京子が2人きりで話をしたい的なことをいうので、それに従う歩

・・・これがこれから始まる地獄の始まり

なぜか、魔装少女になる京子、その理由は

「実は――勅命を受けてきたんです。女王の呪いを、相川さんにって」

オーマイガット・・・そのまま、魔装錬器によって殴られた歩は、女王の呪いを受けることに・・・

次の日・・・普通に学校に来ていたが異常なし
異常といえば、友紀やサラス、織戸までもが昼休みでもこないということ

そこで、後を追った歩に課せられていたものは

「誰だよお前!気安く話しかけやがって!どこ中だ!」 by友紀

・・・その話し方はどうかと思うが、それより問題なのは、みんなが歩の記憶を忘れているということ、
のろいとゆうのは、みんなが歩むのことを忘れることだった・・・だけじゃなかったんだなぁ、これが

放課後、もう一度友紀に会うと、なぜかまた歩のことを忘れている様子

つまり、呪いというのは

永遠にみんなの記憶から忘れられる

そう、歩にとって死ぬよりもつらいこと、それは仲間がいなくなるということだった・・・

結局その後、クリスやネネさんまでもが歩の事を忘れていて、セラやユーまで歩のことを忘れる始末

しかし!ハルナだけは歩のことを覚えていた!!!

それで、女王様から呪いを治す薬を盗むために、王女様を遊園地に誘おう―――――

見たいなところで終了です。

なんか他人行儀にされるセラに歩が思うこと

「気持ち悪い」と言ってくれ。
「このクズ虫!」と言ってくれ。
「右心房が爆発すればいいですね」と言ってくれ。

・・・やっぱりみんな家族のようなものだったのだろうな(泣


・・・・・・・・・・・・・・・・・と感想はここまでです、10巻!速く読みたいものだ~~~。

次に読もうと思うのは
精霊使いの剣舞  5 魔王殺しの聖剣 (MF文庫J)精霊使いの剣舞 5 魔王殺しの聖剣 (MF文庫J)
(2011/11/23)
志瑞 祐

商品詳細を見る
↑5巻・・・きになるぜ

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
↑クリックの方よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト
関連するタグ 魔装少女ゾンビライトノベルおすすめ

魔弾の王と戦姫(ヴァナディース) 3

oooo.jpg
あらすじ
テリトアールに陣を進めたティグルたち。そこに、ガヌロン公爵の配下、グレアスト侯爵が現れる。不躾な恭順命令を断るも、エレンへの執着を隠そうともしないグレアストに、ティグルは内心穏やかでない。間をおかずして、ティグル討伐の任を受けたナヴァール騎士団が出現し、事態は急変する。団長は、ブリューヌ最強の騎士ロラン。戦姫の技すら破る“不敗の剣”を前に、ティグル軍はかつてない危機に陥ってしまう。“光華の耀姫”ソフィーヤの助けで辛くも窮地を逃れるのだったが、エレンを庇った傷でティグルが倒れてしまい……!? 血風と光波が戦場を駆け抜ける刻、黒き魔弓は解き放たれる! 大人気美少女バトルファンタジー、心を射抜く第3弾!

感想
「ティグル爆発しろおおぉおおぉぉお!!!」
なんてこった、前巻までじゃ飽き足らず3巻でも桃色場面遭遇っ!
・・・くぅ、うらやましいぜ!

・・・と3巻連続で感想を書いています、魔弾の王と戦姫3巻!
今回は、ロラン率いる騎士団が登場!
ティグル達は叛逆者として国家からも敵対される(実際にはテナルディエ公爵の手引き)羽目に、
さらにロランの使う武器は不敗の剣、デュランダル、つまり史上最強の敵登場!
・・・てな感じでした~~~。
それと、この巻の表紙に出ているソフィーさん、なんて美しいんだ。

〇ティグルの女関係について
ティッタは相変わらずティグルに思いを寄せいているよう、エレンやソフィーに対して警戒って感じ
エレンは今回でまた距離が縮まったかな?嫉妬とかかなり出てきてますしね
リムは・・・う~ん、彼女の場合は好きというより、最初のころと比べて心をかなり開いている・・・という模様
ソフィーに関しては未知数、今後に期待
リュドミラはね~~~、これはないね。うん。
ほかの戦姫・・・分からん

・・・こんな感じでしょうか?
まだまだ可愛い戦う女の子たちは出てきそう。(というか出てきてもらわなくては)

↓真面目な方
自分は捕虜となったのにもかかわらず、敵国であるジスタード軍を招きいれる行為
確かにそれだけを見たらティグルはかなりの悪人に見える
でも実際には、アルサスを責めたテナルディエ公爵や、ガヌロン公爵とかのほうがかなり悪い

・・・まぁ、それらをどうにかしていくのだろうけどね

と、今回の話の肝はナヴァール騎士団との戦い
だがその前に、ガヌロン公爵との接触も少々あった模様

ティグルやエレンからすれば、出来るだけ兵力を減らしたくないからなのか、あまり激しい戦闘はありませんでしたが、土嚢を使った戦術など水を使った戦い方などが展開されました。
↑・・・というか、今巻は水をけっこう使っていました。

いや、でもね、ガヌロン公爵の残虐さが垣間見えたシーンとか?
・・・仮面に水を入れて、苦しませて殺す罰とかKOEEEEEE!!!

まぁ、結局ティグル達の銀の流星軍の勝利で幕を閉じるので、ガヌロン公爵は今後から活躍?しそう
(宴の席でよったエレン最高ううう!!!)

ガヌロン公爵との一線から数日
ついにナヴァール騎士団登場!

ロラン・・・強すぎます、エレンと互角・・・いや、それ以上の強さ
だが、エレンを助けに来たティグルのかっこよさはハンパねぇ
デュランダルに臆することなく弓で向かい、見事ロランのウマを殺す!・・・かっこよすぎだぜ
でも、ティグルは重傷を負うことに・・・
(逃げる時にソフィーの技がでていましたが、あれは防御に特化しているのだろうか?)

指揮官であるティグルが重症を負ったという事で、銀の流星軍はあっけなく惨敗
無名の戦士たちが800人も死亡(かわいそうに・・・)

ティグルが倒れてから次の日の朝
ナヴァール騎士団とのリベンジ戦がはじまる、
作戦は、ロランは戦姫2人がかりで、後はリムに任せて戦うという―――作戦です

だがその前、ティグルは起きてからすぐ、弓の示す場所へと移動していた
同行していたティッタに乗り移ったのは、ティル=ナ=ファという闇と死をつかさどる神
力を求めるならティッタを撃てというその声に従い、弓をうつティグル
しかし弓はティッタにあたる前にはじけ飛んで・・・

「桃色場面!?」

爆風によって飛んだティッタの服、もちろんその下は・・・fんjdふヴぁん:pf」ふぁび
くそっ!こんな時まで桃色場面があるなんて!油断ならない!

正直言えば、ここの場面はちょっと意味分からなかった・・・
まぁ、いずれ分かる事でしょうが

場面は変わり、エレンとソフィーがロランと戦っている場面へ
エレンは自分で考えていた規則を破ってまで竜技を放ったというのにロランにはまるで効かない!

だがそこでティグル登場!(主人公属性)
ティグルの持つ黒い弓&エレン&ソフィーの竜具でロランと一騎打ち!
その時のティグルの言葉

「俺はあなたに勝つ!俺の民を守るために!」

かっこいいいいいいいいいいいいいいい!!!
やべっ!これがティグルか!

だがロランもかなり強い!なんせそれを受け止めるくらいだからな。
でも、心に迷いがあったロランは―――

ナヴァール騎士団になんとか勝った銀の流星軍
次に向かうのはネメタクム、つまりテナルディエ公爵の領土
しかしあまりにも戦力が少ないのでどうしようかという時
ロランが王に謁見できるようにしよう、的な事を言い出す

あれ?ロランって滅茶苦茶イイ奴じゃね?

というわけで、結局王都へ向かったロラン―――

でも、ロランは死にました・・・ガヌロン公爵の罠、蜂牢によって・・・悲しすぎるだろ・・・

エピローグでは、エレンの親友―サーシャ―の領土にほかの戦姫が入ったとの情報が・・・
エレンは友との誓いを果たすため、ジスタークへ戻る事に―――

だが、最後の驚愕したのは

「ムオジネル軍二万、南東の国境を突破。ただちに援軍を請う」

「EEEEEEEE!!!」

・・・と感想終わりです!
最後、ついに本当の意味での侵略者が来ました、今後いったいどうなるのやら

と、次に読もうと思うのは
それがるうるの支配魔術Game1:ルールズ・ルール (角川スニーカー文庫)それがるうるの支配魔術Game1:ルールズ・ルール (角川スニーカー文庫)
(2011/03/31)
土屋 つかさ

商品詳細を見る
本日の衝動買いした作品・・・どんなのか楽しみです

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
↑クリックの方よろしくお願いします

魔弾の王と戦姫1巻感想はこちら
魔弾の王と戦姫2巻感想はこちら
関連記事
関連するタグ ライトノベルおすすめハーレム

●魔弾の王と戦姫【ヴァナディース】 2巻 感想●

pppp
あらすじ
テナルディエの軍勢を退け、つかのまの平穏を得たティグルたち。避けられなくなった戦いに向け、ティグルは仲間になってくれる貴族を探して動き出す。一方、国王への説明のためジスタート王都に赴いたエレンは、七戦姫の一柱にして腐れ縁の天敵、“凍漣の雪姫”リュドミラと遭遇する。険悪な応酬のはて、その場は別れる二人だったが、ティグルに興味を持ったリュドミラがライトメリッツを訪れ、状況は一変する。「ジスタートが誇る戦姫の一人。『破邪の穿角』が主、リュドミラ=ルリエよ」「帰れ」しかも、彼女はテナルディエと交友関係があるらしく…!?戦姫対戦姫、人智を超えた戦いが今幕をあける!話題沸騰の美少女バトルファンタジー、待望の第2弾。

感想
「危険すぎるっ!!!」
またしても1ページ目から危険なイラストが・・・、いや、まあ、嬉しいけどね
これから先もこのままであることを願います・・・。

・・・と予告どおり書きました、魔弾の王と戦姫2巻感想。
ちなみに、表紙のリュドミラが僕的には一番好きなキャラです。

前巻で、テナルディエの軍隊を見事退けたティグル達
しかし、テナルディエ公爵とガヌロン公爵の軍隊は依然として強力という事で、2巻では仲間になってくれる貴族を探す事もメインとなっていました。

とまぁ、とりあえず、ティグル達は、仲間になってくれそうなオージェ子爵に会いに行く事に――――場面変更

ジスタード王国の王都シレジアに、エレンはアルサスの土地の事や、テナルディエとの戦いの事を国王に報告しに来ていた・・・
まぁ、ここでの話を聞くに王様は戦姫の事を相当嫌っているっぽいね
というかそんなことよりも、

「エレンのドレス姿最高!!!」

・・・の方が勝っていたね。
それと、そこで新たに2人の戦姫が登場!
名前は、ソフィーヤとリュドミラ、
ソフィーヤのほうは、一見物腰やわらかそうだけど、けっこう怖いイメージがエレンとリュドミラにはある様子で、
リュドミラは生粋の戦姫らしく、ぽっとでのエレンのことを相当嫌っている、あとは、テナルディエ公爵との付き合いがあるため、テナルディエ軍を倒したエレン=敵となっている模様・・・

オージェ子爵に話をするため照りとアールの国へと来たティグル一同
オージェ子爵の屋敷で話をしていたが、オージェ子爵の領地に盗賊が出ているとのことで、協力を仰ぐために盗賊を倒す事に

まぁ、ここメインじゃないんで割愛させていただきます(めんどくさいからじゃないよ

エレンにキキモーラの館へこいといわれたので、キキモーラの館へ向かうティグル
それと同時にリュドミラなぜかキキモーラの館へ―――

ここのシーンを見るあたり、やっぱりエレンとリュドミラは仲が悪いよう・・・見てるこっちは最高!て感じなんだけどね~~~。
リュドミラの入浴シーンも拝めたし
ってかやっぱりティグルはおかしい!桃色場面遭遇率が高い!とりあえず爆発しろ!
しかもその後、毒蛇にかまれたリムの胸を、毒を抜くからといってオパーイを完全にすってましたからね。

・・・もうだめだ、僕耐えられないよ・・・ああああああああああああああ!!!

はあ、はあ、↓感想続き
リムは何とか無事だったものの、なんやかんやで、リュドミラとエレンによる戦姫同士の戦いが始まろうとしていた
戦姫には戦姫をという、なんか目には目を見たいな原理で戦うことになったエレンとリュドミラ

・・・戦姫同士の戦いは激しい!竜技のぶつかりあいとかマジぱねェ

だけど、そこで毒塗りの矢を持った暗殺者が一人エレンを狙おうとする!

「リュドミラかっこいい!!!」

まさか!敵であるエレンを助けようと暗殺者の前に立ちはだかるなんて!
リュドミラいいやつすぎんだろ・・・

けどやっぱり、その暗殺者を倒したのはティグル、主人公属性バリバリですね!

結局戦いはうやむやのうちに終わってしまったけど、リュドミラは中立の立場をとるようだし、一件落着って感じかもね。

・・・と感想はここまでです。ストーリーに添った書き方はしんどいので、次の感想から感想形式変わるかもですけどよろしくお願いします。
次に読もうと思うのは
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 3 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 3 (MF文庫J)
(2011/12/21)
川口士

商品詳細を見る
↑3巻メッチャ気になる
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
↑クリックの方よろしくお願いします

魔弾の王と戦姫1巻感想はこちら
魔弾の王と戦姫3巻感想はこちら
関連記事
関連するタグ ライトノベルおすすめ

●魔弾の王と戦姫【ヴァナディース】 1巻 感想●

wwwww.jpg
あらすじ
竜より与えられし超常の武具を振るい、戦場を駆ける美しき少女たち―“戦姫”。王の下、7人の戦姫は7つの領地を治め、“ジスタートの七戦姫”として隣国に恐れられていた。ブリューヌ王国の小貴族の少年ティグルは、ある時かりだされた戦で、一人の戦姫と出会う。白銀の髪に紅の瞳、幻想的な美しさと他を圧する威容をあわせもつ少女、“銀閃の風姫”エレン。敵の総大将であるエレンを討ちとろうとするティグルだったが、彼女の人間離れした剣技の前に失敗してしまう。しかし、弓の腕に一目惚れしたというエレンに、「おまえはわたしの捕虜(もの)だ」と宣言されてしまい…!?痛快無比なる最強少美女ファンタジー、ここに開幕。

感想
「クールって最高うぅぅうぅうう!」
エレンYABEEEEEEEEEEE!!!
カッコいい!やっぱり戦う女の子は一味違うね。

・・・とおすすめ表では高ランクの魔弾の王と戦姫の1巻の感想です。
ちなみに↑の表紙に載っている女の子がエレン

まず、1ページ目・・・ムホホホホホ←変態
つーか、てぃくび水で隠れきってないじゃん!
セリフ「・・・そんなに見つめられると、さすがに恥ずかしくなってくるのだが」

・・・まて、裸を見られてそのセリフはないだろ。
まぁ、それが戦姫なのかもしれないが

―――閑話休題―――

この作品の世界観は、龍が存在する世界で、ジスタードとかブリューヌとかいう国々が戦争をしている時代の物語です(簡潔に言えば

主人公は、ブリューヌという国では珍しい弓使い(名前はティグル
エレンは、ジスタードという国にいる七戦姫の一人
・・・そんな二人が織り成すファンタジー、これがこの物語・・・のはず

↓ガチの感想
ブリューム王国では、隣の国(ジスタード)との戦争が行われていようとしていた、そこでティグルも出陣する事となる
しかし、この戦争自体はそんな大したことではなくて、王子の初陣で、国王が王子を溺愛していたがため、ティグルのような小貴族まで集められたらしい

「息子に溺愛て・・・娘ならまだしも」

敵は、ジスタードの七戦姫といわれるエレオノーラ=ヴィルターリア(エレン)が指揮官で、戦姫の強さは一騎当千といわれている。
しかし数的にも勝っているブリューヌの方が有利と思われるこの戦・・・まぁ、それが命取りになるのだけどね
ちなみに、主人公はいやな予感がしていたらしい。(主人公属性のひとつ

と、そこでエレン視点に変更!
数の少ない軍で勝つための作戦が実行されようとしていた
どんな作戦かというと、敵の後方まで回って、不意打ちをするというもの
シンプルでありながらもその効果は抜群!

・・・ブリューヌ軍残念。

だがティグルは死んでいなかった←そりゃそうだ
出てきた敵兵をいともなく弓で撃ち殺す(無名の戦士です
そして、戦争から離脱しようと歩みだすティグルだが、300メートル先にジスタード軍の兵を見つける(視力はかなりいい
だがその中には、戦姫の姿が!
好機と見たティグルは弓を構えて放つ、1発目は邪魔なところにいるウマの眉間を
そして敵が慌てているうちに2はつめを放つ!
あたるかと思われたその時、ウマが2メートルもとんだ!

「待てえええええ!!!」

物理的な原則を破りすぎだろ!・・・原因はのちほど
そのままティグルの元へと走ってくる戦姫!
すかさずもう一発を撃つが、なぜかはじかれる矢。
そしてTHE ENDと思われたその時、戦姫から聞こえたのは賞賛の言葉と

「おまえはいまから私の捕虜(もの)だ」

結局戦は
ジスタード軍の勝利で幕を閉じた、しかしそれだけならまだしも、ブリューヌ軍は王子を戦死させてしまうという最大の被害をこうむった←ここ重要

エレンの部屋へと案内されるティグル
彼女がティグルを捕虜にした理由は、身代金目当てではなく、部下に入れたいがためで、その条件として伯爵位を与えるという条件を提示する
弓が嫌われているブリューヌでは、まずありえないシチュエーション
しかし、ティグルはそれを断る
なぜならティグルには帰るべき場所と、守るべき場所があるから

「ティグルさんかっけえええ!!」

すげぇな、オレだったらイチコロだよ。

まあ、数日たって一度エレンと城下へ出る事に(お忍びで
そのときのエレンはマジ可愛かった~~~。
そのあと人形をもらったリムもだがwwwwww

・・・とここまではほのぼの?とした日常的な日々が・・・ここまでだけど

身代金の期限まであと2日の時、テナルディエ公爵がアルサスを焼き払おうとしているという情報が流れてくる
それを聞いたティグルは、今すぐにでも帰ろうとする・・・が捕虜である身である以上何も出来ない状態
しかし、そこでティグルは兵を貸してくれ、とエレンに頼む
条件はアルサス全土を渡す事で―――

ティッタは屋敷でティグルの帰りを待ちつづけていた
しかし、ザイアンがやってきてティグルを殺そうする
と、その時ティグルが登場!

・・・来ると思っていたさ!(主人公属性のひとつ)

テナルディエ軍は一時撤退して、騎士の力を最大限に生かせるモルザイム平原に軍を敷く
対するジスタード軍はエレンとティグルを中心として突撃する!
順調に敵を倒していくがそこで地竜が出現、圧倒的な力でジスタード軍を倒していく
しかし!
エレンの必殺技が炸裂しあっけなく死亡

地竜をなくしたザイアンは軍を撤退させる、
そしてティグルとの一騎打ちを提案しだす、ティグルはもちろん承諾
弓兵と騎士の一騎打ち、騎士の方が有利のような気もするが、やっぱりティグルは強かった
(詳細は本書で)

まけたザイアンは飛竜に乗って逃げようとする・・・がなんとそこで黒弓から声が!

『竜を撃ちなさい』

OK、ティグル&エレンのユニゾンで――穿ち、貫いた・・・

最後・・・はやっぱり本書で


・・・・・・・・・・・・と感想はここまでです、ここまで書いたの初めてじゃなかろうか?

と次に書こうと思う作品は
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉2 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉2 (MF文庫J)
(2011/08/24)
川口士

商品詳細を見る
↑表紙最高
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
↑クリックの方よろしくお願いします

魔弾の王と戦姫2巻感想はこちら
魔弾の王と戦姫3巻感想はこちら
関連記事
関連するタグ ライトノベルおすすめ

●RPG W(・∀・)RLD10 ‐ろーぷれ・わーるど 10巻 感想●

51QUP1R7HXL.jpg
あらすじ
「ガチな勇気って、レベルとかステータスとかスキルじゃ表せない。それは、身体の奥底にたぎるもの―きっと、そうだ」おれ―ジローは臆病な人間だった。ガイアでもエターナルでも逃げてばかりで…行き着いた先が例の教団ってわけ。けれど、勇者ユーゴと仲間たちに会って、何とか生まれ変わることができた。兇暴で圧倒的な魔神の姿と、旭日騎士団を裏切ったあの人を目の当たりにした時、おれの臆病心は再び震えた。―でもさ、たとえ勇者PTがいなくても、退けない一線があるんだよ。無理ゲーだってなんだって、おれはおれのやり方で勇気を示してやる。だから、ごめんよナツキ。生きてたら、また会おうな…。

感想
「王様ああぁぁあぁああぁあ!!!」

・・・かっこよすぎだろ、女性キャラ以外ではじめて叫んだのではないのだろうか?
あと、この表紙はバイオハザードだな・・・とか推測してみたり

・・・と久々に書きました、ここんところ忙しくて更新s
・・・嘘です、2chばっかやってました。
久しぶりなので真剣に感想書きます
ちなみに、視点は順番どおりに載せています

前巻で、ユーゴが魔人にやられた!・・・というところで終わっていた続きですが、話は主に旭日騎士団中心でした。
旭日騎士団とはリサポンを中心としたニホン人の集まった集団で、教団の悪行を阻止しようとふんそうしている団体です。
数は62人(多分・・・

まずジロー視点から、
これを見る限りジローはいい奴ですな
謙虚さがGOOD!瓦礫に埋もれた少女を助けようとするなんてますますGOOD!
うんうん、ナツキさん可愛い←関係ねぇ
しかし、魔人の攻撃が――――

とリサポン視点に変更
反教団連合結成会議が大失敗に終わり、何も出来ないまま1ヶ月が経過
そこでリサポンは苦肉の策を出す、その策とは
ベルアダン(町名)でのテロ計画!
(旭日騎士団の面々が、教団に扮して神殿を襲う計画)
これをすれば、ベルアダンの王が教団は危険とみなし、反教団連合に参加することになり、それにつられたほかの国も参加するというハイリスクハイリターンの計画。
ナツキは反対したのだが結局実行する事に・・・これが成功するかはおいといて
(ナツキの裸シーン有り)

ヴァイオン視点・・・いらねぇな
あるとすれば、ヴァイオンは親バカ

ジロー視点
テロ計画を実行!
神殿騎士団をちょっとだけ苦労して、撤退させる事に成功
次に地獄の門を開門!
魔神が封印されている空間へ入る旭日騎士団一同
だが一人、リサだけはなぜか近づいていく――――そして
「旭日騎士団のみなさん、お疲れ様」byリサ

???byオレ

リサポンの様子がおかしい!?
支配的人格?従属的人格?
なにがおきたああああああああああああああああ!!!

しかも魔神蘇ってるし!?
(詳しくは本書で)

・・・あと、そのときのリサさんの乳マジぱねぇ

イヴィル視点(リサポンのもうひとつの人格:支配的)
ここではあのお方と会うまでのリサポンの行動描写が・・・
しかし、メッチャ人殺してますね~~リサポン
若干引くくらいに・・・まぁ全部イヴィルなのですがね

ナツキ視点
リサさんの突然の変化に若干追いついていけないナツキ
しかし、今すべき事は明白―――
そう、魔神を止めること、町の人を救うこと、それがプリティキュートを信仰しているものがとる選択肢(笑

なんとか、魔神の黒いブレスをよけながら攻撃する箇所、それは魔神のひざ
理由は、敵の動きを少しでも遅くさせるためである。
それと、そのとき放ったホーリーストームなる技、下手すれば魔人相手においてはユーゴよりも強いかも。

しかし魔神のブレスがついにジローに当たってしまう(一番↑の続き
なんとか瓦礫に埋もれたジローを担ぎながら何とか逃げる事に・・・

グレイス視点
「グレイスのやろおおおぉぉおおぉおおおぉぉおおお!!!」
ダメだ!怒りが爆発しそう

ナツキ視点
ウマに乗ってクラディス王国に逃走、しかし魔神がガルガンシア王国へ行く事が予測されるため
そのままガルガンシア王国へ向かう事に、だがその時ジローの靴を見たとき、ジローの足がなくなっている事が判明(グロい・・・
なんとか治療をしたものの、これ以上は無理だという判断でジローはおいていく事に
それと、ジローの勇気を認めたナツキは別れ際にジローにキスを・・・ウアアアアアア!!!

ガルガンシア王視点
ユグドラシル王国から帰ってきた王様、一時の楽しみを孫娘のウィンディと過ごしていた・・・しかしついに、魔神がガルガンシア王国を目指しているとの報告がやってくる
そこで、王様は、王様自身と老兵だけで、魔神を止めることに・・・
もちろんほかのものは反対をしたが、王様は息子にその座を譲って魔神と対峙。
やがて、日が昇ってきたころに魔神がやってくる
みんなで魔神の足を狙っていたが、ついに魔神の手が王様をはじいて―――

ユーゴ視点
・・・なぜドット絵!?
というか、これはついに2次元の世界に入ってしまったのか!?

・・・ますます分からん



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と感想はここまでです、最後・・・意味がわからないね。

さてと次に読もうと思うのは
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 (MF文庫J)
(2011/04/25)
川口 士

商品詳細を見る

↑これからじゃんじゃん書いていくつもりです。
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
クリックの方よろしくお願いします
関連記事
関連するタグ ライトノベルおすすめ
プロフィール
icon01.png                                      はじめましてなななのはと申します。                                     ライトノベルを読み始めてまだ1年も経っていないひよッ子です。好きなラノベの系統は、ラブコメ×バトルです。あと、真面目系のラノベも大好きです。あと、こちらのブログはリンクフリーとなっております、ご慈悲のある方――是非リンクを貼ってください。(よろしくお願いします)リンクを貼ってくださった方、コメントにその旨を書いていただいたらこちらでもリンクを貼らせて頂きます。「http://kotanisatoru.blog.fc2.com/」です。あと、同趣味の方、コメントの方も宜しくお願いします。                                       
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村                    ↑ご慈悲のある方、暇な方、押してやってもいいぜという方、是非クリックしてください。本当に宜しくお願いします。
いってみて!!
とうほうぺぇじ
記事一覧
地震速報
お天気キャスター射命丸文
ヨスガ時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オタク(自称)のブログ
はじめまして
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
拍手
コメよろしく
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
てぃんくる
アイマス応援バナ―
THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER THE IDOLM@STER                                  アイマスはやっぱり最高!
俺妹応援バナ―
俺の妹がこんなに可愛いわけがない
探偵オペラミルキィーホームズ応援バナ-
探偵オペラ ミルキィホームズ
真剣で私に恋しなさい!応援バナー
TVアニメ「真剣で私に恋しなさい!!」公式サイト
はがない応援バナ-
魔法少女まどか☆マギカ応援バナ-
TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト
この中に一人妹がいる!応援バナ―
この中に1人、妹がいる! 公式サイト
東方応援バナ―
ブラックロックシューター応援バナー
ghghghghghghghgh.jpg
ティンクル☆くるせいだーす応援バナー
ティンクル☆くるせいだーすPSS
東方朧画録
イラスト
あわせて読みたい
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。